全有機炭素 (TOC)

全有機炭素(TOC) 分析は有機汚染レベルを測定するため、一般的な水質の重要な指標となります。TOCは発色団なしの化合物を含む溶解・浮遊有機炭素全てのタイプに反応するため、効果的なモニタリング項目と言えます。指定された間隔で収集されたランダム試料の高精度ラボ分析用卓上型システム及び流入・廃水プロセス水流モニター用のオンラインアナライザーをご用意しています。この2種の分析装置を連携して使用することで、水処理プロセスのモニタリングと最適化に、最も包括的なアプローチを提供します。

  • 卓上型水質計
Aurora 1030C TOC Analyzer

OI Analytical Aurora 1030C 燃焼式 TOC アナライザー

OI Analytical Aurora1030C TOCアナライザーは水性サンプル中の全有機炭素(TOC)、全無機炭素(TIC)、非揮発性有機炭素 (NPOC)などを測定できる水質計です。100ppbから30,000ppmの有機炭素を含むサンプルの分析を行うことができ、オーロラ1030Cは米国環境保護庁(USEPA)の認証法ほか、標準分析法, 米国材料試験協会(ASTM), DIN/ISO/CEN, EU メソッドに適応します。

OI Analytical 9210p On-line TOC Analyzer

OI Analytical 9210p オンライン TOC アナライザー

OI Analytical 9210p オンライン TOC アナライザーは、処理水中のTOCレベルを継続的にモニターできうるよう設計されています。加熱過硫酸酸化技術を使用することで、正確で、信頼性の高い操作性と法令順守を確保します。この技術を使用することで、水中で溶解する実質すべての有機物が高効率で酸化可能となります。