SonTek - a Xylem brand  

SonTek FlowTracker2® (FT2) 携帯音響ドップラー速度計 (ADV®)

SonTek ハンディタイプ型 3次元超音波ドップラー流速計

初機のフロートラッカー で実証済みのテクノロジーを受け継ぎ、更に進化を遂げた、SonTek FlowTracker2(FT2)携帯音響ドップラー速度計(ADV®)は、Bluetoothデータ通信機能、GPS機能を搭載し、また大型カラー液晶ディスプレイによるデータ視認性も改良され、データ解析・グラフィック機能も追加され、よりインテリジェンスな要求に応えます。

  • 概要・特長
  • ソフトウェア
  • 製品詳細
  • FREE ONLINE WEBINAR
  • 技術資料

SonTek FlowTracker2スマートガイド機能により、測定条件設定より、データ収集、解析まで、何か重要な注意を必要とされる場合には、各々のステップにおいて、視覚的な注意とSmartQC音声警告がタイムリーに誘発され、正しくご使用いただけるようガイドされます。FT2ハンドヘルドのソフトウェアにより、データのリアルタイムプロット、QCパラメータ、水深方向の測定など、直観的に測定状況を把握することができ、初めてでも簡単・確実にデータを取得することができます。
FT2は、頑丈な構造により、どんな気象条件でも、バックライト機能により昼夜も問わず、いつでもすぐに測定を行うことができます。
コアとなる、実証済みADV技術(世界中で専門家によって何十年も綿密に調査)が組み込まれたFT2は、浅い水深で、特に微流速の条件下では、他に類をみない正確さを提供します。 平面二次元流速データは(2D/3Dオプション利用可能)、最も総合的なQCと流況の捕捉から得られます。 ユーザーによる定期的な校正も必要とされません。

NEW !! 水圧センサ(オプション)の組込みにより、測定水深を正確に把握することができるようになりました。
流量観測を行う際には、これまでウェイディングロッドの指標により水深を読み取ってましたが、新たに圧力式の水深センサが組込まれることにより、水深を直接計測できるようになりました。
このことにより、現場での人為的エラーをなくし、流量観測の高精度化を実現します。
更に、流速プローブを所定の水深にセットする際に、水深センサにより極めて正確に計測水深(0.6/0.2/0.8水深)を割り出すことが可能となり、リアルタイムに測定ポイントのガイドが行われます。
この機能により、これまでウェイディングロッドで読み取ることが難しい計測ロケーション(橋上からの測定や、マンホールや管内での測定)でも正確な水深を得ることができます。

FlowTracker2の革新性

測定エラーを事前に防ぎ、効率的な計測を可能とするSonTek独自の特長として以下が挙げられます。

  • 水深センサ感知部ホールNEW !! 水圧センサ(オプション)組込みにより、測定水深を正確に把握することができます。
  • 常時、バッテリー残量アイコンをスクリーン表示。 予備カートリッジを準備し、測定中の交換でもデータ損失がありません
  • テンプレートの設定と保存-現場訪問ごとに、データ再入力の必要がありません
  • 内臓GPSによる自動測定位置入力、あるいは、手入力
  • 交換可能なプローブとハンドヘルド-機関チーム内で、そして、サービスに発送中にも柔軟に対応できます •  改善されたADV音響技術: より高速なピング、低雑音とより良い標準エラー
  • 10mまでケーブル長をカスタマイズできる拡張ケーブルと、分離できるプローブ
  • ブルートゥース、または、USBインターフェースによるPC接続
  • 音声案内

FlowTracker2 ハンドヘルドソフトウェア

FT2ハンドヘルドにより、直観的な作業の流れと、高品質なグラフィック機能に加え、洗練された運用ガイダンス機能を体感できます。
一連の作業の流れは:

  • 連続的な流量観測ポイントを表示します
  • セットしたロッドの先端の状態を見ます
  • スクリーン上の傾斜センサー表示を見ます
  • データを編集します
  • FT2の、流量観測法のアルゴリズムにより、測定水深ポイントが自動的にガイドされます。
  • ビームチェック、または、QC機能により直接プロット表示します-信号強度やビーム障害の問題があるかどうか、すぐに判断できます
  • 流速と他のパラメータをリアルタイム表示します
  • 測線でのコメントとゲージ高を入力します

FlowTracker2 Handheld Software

FlowTracker2 PCソフトウェア

PCソフトウェアー例

FlowTracker2 PCソフトウェアー例


総合的な表と時系列図に基づく、図とQCデータ間の分析。SmartQC診断基準変更とデータ編集-元のファイルは、常にオリジナルのため安心できます。FT2のオープンソースJSONファイル形式は、どんな組織のデータベースにも読込ができ、HydstraとWISKIに直接入力でサポートされます。

SmartQCSmartQCは、SonTekシステムが最適な基準で機能し、データが正確で信頼でき、そして、保護されるという我々の排他的な保証です。

プローブ
流速レンジ ±0.001 to 4.0 m/s (0.003 to 13 ft/s)
流速分解能 0.0001m/s (0.0003 ft/s)
流速精度 +/- 1% of measured velocity + 0.25 cm/s
周波数 10.0 MHz
測定位置 10 cm (3.93 in) 中心トランスデューサから
最小測定水深 0.02 m (0.79 in)
水深レンジ 0-10m
水深分解能 0.001m
水深精度 ±0.1% (動作温度全域) or ±0.05%(25℃下)
水温センサー Resolution: 0.01° C, Accuracy: 0.1° C
傾斜センサー Accuracy: 1.0°
通信プロトコル RS-232
動作/保管温度 -20° C to 50° C (-4° F to 122° F)
形状寸法 (L)13.3 cm (5.22 in)
(W) 6.1 cm (2.39 in)
(H) 2.3 cm (0.90 in)
標準ケーブル長 1.5 m (4.92 ft)
空中重量 0.90 kg (1.98 lbs)
水中重量 0.30 kg (0.66 lbs)

ハンドヘルド
電源 - 入力電圧 DC 8~12 V
電源 - 電池 8 X 単三電池 (アルカリ)
電源 - 動作時間 アルカリ電池:連続15時間, 標準設定時*
電源 - 消費電力 1 W (平均)
GPS - 水平位置精度 <2.5 m (8.2 ft)
GPS - 周波数 L1 (1.575 MHz) 
SBAS compensation (WAAS, EGNOS, MSAS, GAGAN)
GPS - Cold Start <38 seconds
LCD - 解像度 320 X 240 TFT Transmissive
LED Backlight Luminance 450 cd / m2
ブルートゥース Class 2, 通信距離 = 10 m (33 ft)
USB Micro USB, IP-67
プローブ電圧 8 - 12 VDC
データ出力 RS-232
データ容量 16 GB: 最大 10,000 流量データ、最大 10,000,000
動作温度 -20℃ ~ 60℃
保管温度 -30℃ ~ 70℃
防水規格 IP-67 (1m水深)
ハンドヘルド寸法 (L)10.4 cm (4.1 in); (W) 6.4 cm (2.5 in); (H) 23.7cm (9.3 in)
空中重量 0.75 kg (1.65 lbs)
水中重量 0.25 kg (-0.55 lbs)

FlowTracker2: How to Make the Highest-Quality Measurements Using a Wading Device

If you're a hydrologist, scientist or water monitoring professional, chances are access to precise flow/discharge data in varying environmental conditions is important to your organization and the communities you serve. Better data means better decision making – often in situations that are critical and time-sensitive.

You might already be collecting data using the traditional mechanical current meter, or maybe you have hands-on experience with the SonTek FlowTracker or similar wading device. Either way, nothing beats the quality assurance, data accessibility and overall performance of the new FlowTracker2 handheld ADV.

Join SonTek Senior Hydrologist, Daniel Wagenaar and Application Engineer/Product Manager, Janice Landsfeld, as they review the traditional measurement process and how it is changing with technology. You will learn:

• The QA/QC Advantage: get comprehensive quality assurance and understanding about flow conditions. How to easily review essential parameters such as flow variability, flow angle, proper instrument orientation ... and QC as you are taking your measurement!

• What is an automatic beam check and how it helps you understand environmental conditions;

• More about FlowTracker2 features that streamline the data collection process, such as audio prompts, templates and rich graphics;

• Understand the breadth of post-processing options and see examples of tables, time series graphs and editing. See ALL data parameters per station and per point velocity, for a 360-view of your measurement;

• Helpful tips on site selection for optimal data reliability!