YSI - a Xylem brand  

YSI EXO 電導度/温度 複合電極

EXO 多項目水質モニターにペイロードする高性能CT電極です

YSI EXO電導度/温度電極(センサー)は、EXO多項目水質モニター用に開発された高性能電極です。高速レスポンスで、正確な温度データを提供するとともに、他のEXO電極の温度補正データとしても活用され、データクオリティ全般に関与する重要な項目です。電導度データでは、塩分濃度、温度換算電導度、および全溶存固形物質(TDS)を計算します。

  • 概要・特長
  • 製品仕様
  • スマートポーツ-スマートセンサーズ
  • 技術資料

温度電極

温度電極は、極めてドリフトが少ない特性を持ち、かつ安定性の高いサーミスタを使用しています。
サーミスタの抵抗は、温度により変化します。測定された抵抗値は、数理アルゴリズムを経て温度に変換出力されます。
温度電極は、NISTトレーサビリティが確保された多点検定により、0.01℃の精度が保障されています。
温度電極のキャリブレーションやメンテナンスは不要ですが、KORソフトウェアを通じて精度チェックの実施と記録を行うことができます。

電導度電極

電導度電極は、ニッケル4電極法により、溶液コンダクタンスを測定します。
4電極のうち、2電極で電流値を、残りの2電極で電圧降下を測定します。測定された電圧降下はさらに、ミリジーメンス単位の電導度値に変換されます。
ミリジーメンス/cm(mS/cm)の電導度単位に変換するには、コンダクタンスに毎センチメートル(cm-1)単位のセル定数を乗じます。
電導度測定セルのセル定数は、約5.5/cm ±10%ですが、セル定数は電極の状態に応じて、校正時に自動的に決定されます。

温度補正

各種EXO電極には、品質保証の目的でそれぞれ内蔵サーミスタを搭載されています。しかし、この内部温度はログに記録されず表示もされません。
濁度電極のみ温度補正に内蔵サーミスタを使用しますが、他のすべてのEXO電極は、C/T電極の測定値を温度補正用に参照します。
温度を表示しログに記録するには、C/TプローブをEXOゾンデに取り付ける必要があります。

YSI EXO 電導度/温度 複合電極
電導度 - デフォルト単位 μ S/cm
温度環境 - 動作時 -5~+50℃
温度環境 - 保管時 -20~+80℃
計測範囲 0~200 mS/cm
精度

0~100 mS/cm:測定値の±0.5%または0.001 mS/cm
0~200 mS/cm:測定値の±1%

応答速度 T63<2秒
分解能 0.0001~0.01 mS/cm
電極方式 ニッケル4電極法
温度 - デフォルト単位 摂氏
温度環境 - 動作時 -5~+50℃
温度環境 - 保管時 -20~+80℃
精度

-5~35℃:±0.01℃
35~50℃:±0.05℃

応答速度 T63<1秒
分解能 0.001℃
電極方式 サーミスタ